伸びしろがある企業を調べよう

就活前に知っておきたい伸びしろのある企業とは

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

どのような企業で働けば良いのか

あまり伸びしろを期待できない会社に就職してしまうと、将来的にリストラされる危険性があります。 高齢化してから新しい仕事を見つけるのは大変なので、最初からリストラされる危険性が少ない企業を選んでください。 判断する際は、AIにできる仕事なのか考えましょう。

リストラされないように

まず伸びしろがある企業は、AIに代替されにくい企業のことを言います。
今は様々な業界でAIが増えていますが、それだけ人間の仕事が少なくなってしまいます。
ですから最初は企業で働いていても、AIが導入されることでリストラに遭うかもしれません。
しかしAIに担当できないような業界なら、いつまでも人間が仕事を進めるので長く働けますし、伸びしろを期待できます。
長く働ける業界を探している人は、このような部分に注目して求人を選んでください。

また人間が生活を送るために欠かせない、いわゆるエッセンシャルワーカーも伸びしろがあります。
具体的にはスーパーやコンビニの店員や宅配業者、医師や看護師などがエッセンシャルワーカーに該当します。
このような人が働く企業はこれからも需要が増え続けるので、急に倒産することはありません。
むしろ今は需要がこれまで以上に高まっていると判断でき、そこに就職することでやりがいや、たくさんの収入を得ることができます。

医療や介護用品を扱う企業も、伸びしろがあるのでおすすめです。
その理由は、日本では高齢化が進んでおり、需要が増えているからです。
さらに医療や介護だけでなく、食料や娯楽、衣料品なども高齢者マーケットに含まれています。
このような企業で働くことが決まったら、どのような商品を売り出せば高齢者が喜ぶのか考えましょう。
高齢者の気持ちを想像したり、寄り添ったりすることで売れる商品やサービスを提供できます。

生活に欠かせない企業

食料や生活用品を売るお店や宅配業など、人間が生活を送る上で絶対に必要な企業が存在します。 そこならこれからも需要が減ることはなく、伸びしろがあるので就職するのがおすすめです。 企業の面接を受ける際は、自分がどうしてこの企業で働きたいのか的確に伝えましょう。

日本では高齢化が進んでいる

現在の日本では、高齢化が止まりません。 ですから高齢者をターゲットにした商品やサービスを販売している企業は、安定した利益を得られています。 これからどんどん高齢者が増えるので、さらに需要が増えると判断できるでしょう。 そこも、伸びしろがある企業です。